2020年08月01日

村上春樹の奥さんは機嫌悪い時が多いかも

今日は、村上春樹特設Q&Aサイト「村上さんのところ」において、奥さんの機嫌悪い時は? と聞かれた際の回答をご紹介します。
----------
奥さんの機嫌が悪くなると、あれこれ八つ当たりされて、なんでおれがこんなひどい目にあわなくちゃならないんだよ、と疑問に思ってしまう。
よくわかります。
それは世界中の夫の92パーセントくらいが、同時進行的にひしひしと経験していることです。
そうですね、「これはただの気象現象なのだ」と思われてはいかがでしょう。これは竜巻なんだ、これは突風なんだ、これはフェーン現象なんだ。
そう思うと気持ちが(比較的)ラクになります。
誰も天気に文句は言えませんからね。
相手が奥さんだと思うから、首をひねりたくなるし、ときとして頭に来ることもあります。でも自然現象だと思えば、あきらめもつきます。
がんばってくださいね。
----------

自然現象だと思えとは言いますが、最近の自然災害の被害は甚大ですよね。
場合によっては死者が出たりしますので、奥さんの機嫌悪い時とは、まさに被害甚大ですね。

有名な髭ダンの「宿命」みたい(歌詞の内容よりタイトルに興味を持ったため使用しています)に、奥さんとの出会いが宿命だった。
宿命だから、仕方なく我慢して一緒にいるのでしょうか。

パートナーとこじれまくっている私としては、こじれている相手と一緒にいるのが本当に宿命なのか悩みまくります。
宿命なのか、試練なのか、どうなんでしょうか。
試練が人を育てると言いますので、自分育てのためにはすべてを受け入れた方がよいのでしょうか。

村上春樹先生の小説に出てくる「もう起こったことは起こったこと」「これからのことは起きてみないとわからない」的な思考ができるとよいのですが。
なかなか人格者になれない日々が続きます。

長生きするためには早寝早起きだよと知ってはいますが、実際にできないように。
知識よりも実践できる知恵を学びたいものですと、次回に続きます。



posted by まーさ at 20:02| Comment(0) | 村上春樹と離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください