2020年09月16日

村上春樹 全ては無意味

『羊をめぐる冒険(上)』から引用

僕の成し遂げたものの全ては無意味だった。

---------------------------------------------
何かを成し遂げたとき、すべてが無価値であり無意味でもあった。
そう思った瞬間、不幸です。
世の不幸を知った瞬間。

長い結婚生活だったが、離婚を考えたとたん、無価値かつ無意味に思えた。
無価値かつ無意味。
無価値よりヒドイ。

意味づけなんて、誰にでも、後付けでもできる。
無価値もそうかな。
どっちの方が罪が深いのだろうか。

どっちの方が私的には傷つくのだろうか。
誰か教えてほしい。

posted by まーさ at 19:00| Comment(0) | 羊をめぐる冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください